frweb > 研究室と教員の紹介 > 花崎研究室

花崎研究室

花崎研究室

研究概要

システムを制御、予測、診断するにはまず対象システムを私たちが利用できる形式に記述する、すなわちモデリングが必要となります。当研究室では、モデリングの最終目的(制御、予測、診断など)までを考慮した総合的な立場からのモデリング手法の開発、モデリング支援の在り方、およびそれを支える信号処理に関する研究を行っています。

 

花崎研究室ホームページ

http://www.hanalab.fr.dendai.ac.jp/

教員紹介

花崎研究室

教員名 花崎 泉(Izumi HANAZAKI) 教授
所属学会 システム制御情報学会、電気学会、IEEE、計測自動制御学会
学位 博士(工学) (早稲田大学)
職歴 1991~1994:東京電機大学理工学部 講師
1994~2004:東京電機大学理工学部 助教授
2004~2007:東京電機大学理工学部 教授
2007~:東京電機大学未来科学部 教授
主な論文・著書 “メカトロニクス概論(共著)”,オーム社,2007.
“回路理解〈演習1〉(共著)”,培風館,1995.
“回路理論〈演習2〉(共著)”,培風館,1995.