frweb > 学科の教育 > 学科長挨拶

学科長挨拶

ロボット・メカトロニクス学科へようこそ

chairman東京電機大学未来科学部ロボット・メカトロニクス学科は、機械工学・電気電子工学・情報工学・制御工学の知識とスキルを修得したメカトロニクス・エンジニアの育成を目的として2007年に設立されました。現代社会において我々が遭遇する諸問題は複雑多岐に渡っています。工学的アプローチでその問題解決にあたるには複数分野にわたる深い知識と確かなスキルが必要です。メカトロニクス技術とはまさにそのような問題解決をものづくりを通して行う技術です。例えば、ハイブリット自動車やヒューマノイドロボットは、環境、エネルギー、少子高齢化などの諸問題解決に寄与できるメカトロニクス技術の成果の典型的な例ですが、よく見ると、産業、医療、生活空間のあらゆるシーンにたくさんのメカトロ技術が使われていることに気がつくでしょう。このような成果物を構想・実現し世に送り出すことができるメカトロニクスという新しい分野の必要性がますます増大していることは、本学科卒業生の高い就職内定率から明らかです。

我々の学科は、この新たな分野の技術者育成のための教育研究システムを提供します。メカトロニクスの各分野それぞれに精通した教授陣により基礎から専門までの知識を得るとともに、徹底した演習によりその知識を確かなものとします。さらに、豊富に用意されたワークショップや学生実験を通して、その知識をベースにした確かなスキルを修得します。そして、ロボットなどの製作実習を通してアイデアを実現するメカトロニクス技術の真髄を磨き上げることができます。より深く研鑽をつみたい諸君には、学部4年間で得た知識とスキルをさらに伸ばせる大学院進学の道も用意されています。
2012年度からは東京北千住キャンパスにおいて、新しい環境のなかでこの教育システムをさらに大きく展開させています。どうぞ、我々と一緒にこの新しい、ロボット・メカトロニクス技術を発展させましょう。世界に先駆けて、この技術で豊かな21世紀を築き上げましょう。

2016年4月1日